こだわりの味噌汁で
1日のスタートを😌

もぐもぐ兵庫

おはようございます!

先日、兵庫県の芦屋で丁寧に作られたお味噌で
定食朝ご飯にしました😊

使用したのはこちらのお味噌!

”芦屋蔵造 長熟味噌”

約8ヶ月もの長い熟成の時を経て
美味しく仕上げられた甘口の米赤味噌です。
糀を多く用いているため甘さがまろやか、
香り豊かでコクのある味わいが特徴。

調理しやすいペースト状のこし味噌
になっています!

お味噌汁としてはもちろんですが、
生姜焼きや麻婆豆腐など、お料理の
隠し味としても色々なお料理を
引き立ててくれます😌

原材料は国産の米、大豆、食塩、酒精。

地産地消の考えから”兵庫県産の米”、
”兵庫県産大豆”、”兵庫県産塩”
と原料にこだわって醸造した
ラインナップも揃っています😌

大正7年に創業以来、様々なお味噌製品を
作り続けている会社様。

様々な賞を受賞されていたり、
「五つ星ひょうご」や「ひょうご推奨ブランド」
に選定されている商品もあります😌

本当にたくさん種類があって迷います😶

さつまいも、ほうれん草、にんじん、
こんにゃくを入れたお味噌汁。

ちなみにこの日の朝ご飯はこんな感じです!
芋率!(笑)朝からしっかりめ定食でした。

パンで洋風朝ご飯も好きですが、
やはり朝からお味噌汁をいただくのは
日本人ならでは。気持ちがほっと
します😌👍

お仕事に行く前で抜いてしまったり、
適当になりがちな朝ごはんですが、
「ご飯」、「お味噌汁」だけでも、
時間がある時はご飯を混ぜご飯にしたり、
プラスで卵焼きを作るなどひと工夫を
すると、朝から栄養がしっかりと摂れて
1日のエネルギー源となります😌

ご飯と味噌汁の組み合わせは、
味噌には米のタンパク質には少ないリジン、
スレオニンといったアミノ酸が多く
含まれているため、組み合わせることで
アミノ酸のバランスがよくなり、
タンパク質がさらに効率良く
摂取できることもわかっています。

お味噌汁の具材はカットして冷凍に
しておくと忙しい朝の手間が省けて
時短になるので good👍

– – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – – –

味噌の栄養成分

味噌の原料である大豆の成分はたんぱく質、
脂質、炭水化物の三大栄養素と、
ビタミン、ミネラル、食物繊維等です。
大豆は「畑の肉」と言われ、
生命の維持に必要不可欠な必須アミノ酸が
豊富でバランス良く含まれています。

発酵によって、アミノ酸やビタミンなどが
多量に生成され、栄養的に優れた味噌󠄀になります。

大豆たんぱく質

100g中に約12.5g含まれています。
(日本食品標準成分表2015年版(七訂))
味噌に含まれる大豆たんぱく質は
「発酵・熟成」することによって、
少量でも効率よく体内に吸収されやすい
ものとなっています。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは女性ホルモンに
似た働きを持ちます。
骨粗しょう症の予防や、
悪玉コレステロールを下げるなどの
健康効果や肌の新陳代謝を促進するなど
美容効果も期待されます。

サポニン

大豆サポニンには抗酸化作用があるため、
活性酸素を除去し、脂肪の酸化を防いでくれます。
LDLコレステロールの蓄積を抑えることによって、
動脈硬化を予防し、心筋梗塞や脳梗塞などの
予防にも役立ちます。
また、免疫力向上の働きももち、
ウイルスや細菌から体を守ります。

カルシウム

カルシウムは、タンパク質と一緒に摂取すると
消化吸収率が良くなる性質を持ちます。
味噌は両方を兼ね備えているため、
優れたカルシウム源となります。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維には、お腹の中で
水に溶け出す特徴があります。
野菜や魚など、他の食材を組み合わせて
食べることで、便秘解消効果を
高めることができます。

他にもビタミン類、レシチン、コリン、
メラノイジン、リノール酸なども含む
栄養素に優れた食品です。

– – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – – –

日々のお食事にお味噌を取り入れて、
健康的な食生活につなげていければと
思います!😊

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました😊❤️

コメント